医療保険

生命保険比較ランキング※最適な死亡保障の備え方

医療保険は、万が一の病気やケガにとも伴う入院、手術に備えられます。

生命保険比較ランキングTOP > 医療保険

医療保険の仕組み

医療保険は、病気やケガをした時にかかる医療費の負担を軽くすることや、治療期間中の収入保障などを目的とした生命保険です。

日本の社会保障に「公的医療保険」がありますので、医療保険は必要ないと思われる人も多いですが、公的医療保険でカバーしてもらえる範囲は限られています。

窓口で支払う医療費の3割は自己負担額ですので、公的医療保険制度があるから医療費はかからないというわけではありません

万が一病気やケガで入院したり、手術を受けた場合、医療費の自己負担に加え、公的医療保険の対象外の費用がかかることになります。

公的医療保険制度の対象外の費用には差額ベッド代(大部屋以外のベッドなどにかかる費用)や先進医療などがあります。

ですから、万が一病気やケガで入院したり、手術を受けた場合、経済的な負担が生じます。

国の公的医療保険制度ではカバーできないこれらの経済的な負担に備えることができるのが医療保険の商品です。

まず、医療保険とは、所定の日数以上入院した場合には入院給付金が、所定の手術をした場合には手術給付金が支払われる仕組みの生命保険です。

生命保険で医療保障を準備するには、単独の医療保険の商品に入る方法と、終身保険や定期保険などの主契約に医療特約として付加する方法の2つがあります。

医療保険の加入期間は、大きく分けて二つです。

生きている限り一生涯の医療保障に備えられる終身タイプの医療保険と、加入期間が一定となっている定期タイプの医療保険です。

終身タイプは、加入すると保障は一生涯続きます。

保険料は一定で加入時のときの保険料のままで原則保険料が上がることはありません。

定期タイプは、一定期間ごとに更新がくるタイプで、更新ごとに保険料は上がりますが、更新の際に健康状態に関係なく加入期間満了まで更新できるのが特長です。

医療保険は、加入時期と保険会社によって給付の受け方に以下のような特徴があります。

①日帰り入院型

日帰り手術による入院からでも入院日数分の給付金と手術給付金が受け取れる。

②1泊2日型

1泊2日以上の入院の場合、1日目からでも入院給付金が受け取れる。

③5日型

病気やケガでの入院が5日以上だと、5日目から入院給付金が受け取れる。

また、医療保険は、各保険会社その他様々な特約を販売していますので、入院した時にいくら給付金を受け取るか(入院日額の設定)と、その他の自分に必要な特約をセットして加入するのが主流です。

医療保険加入のコツ

医療保険は、病気やケガで入院したり、手術を受けた場合に、公的医療保険制度ではカバーできない経済的な負担に備える目的で加入します。

特に重症の場合、医療費にかかる経済的な負担はとても大きくなることもあります。

高額医療制度があるので、医療費負担の上限はきまっていますが、看病をするご家族にかかる費用や、今後の生活や収入など大きな不安材料があるので、高額医療制度だけでは安心とはいえません。

まず、医療保険を選ぶ第一歩は、もし自分が入院したとき、どのようなことが起こるか想像するところから始めて、自分にはどういう備えが必要なのかを検討するといいでしょう。

医療保険選びのコツは、

1 保険期間(いつまで)

一生涯保障する終身タイプなのか、一定期間を保障する定期タイプなのかなど

2 支払開始(いつから)

入院したとき何日目からから給付金が受け取りたいのかなどの入院日額の設定

3 保険料払込期間は(いつまで)

一定期間ごとに更新していくタイプなのか、一生涯払い込む終身タイプなのかなど

4 収入減にも備えるのか

5 その他自分に必要な特約をセットするのか

などがあげられます。

医療保険は、給付の支払い要件や、特約の種類や特徴が各保険会社全くといっていいほど異なります。

一つの保険会社の内容だけではなく、複数の保険会社の資料を請求し、支払い要件や、特約の種類を比較して、自分に一番マッチした医療保険に加入するのがコツといえるでしょう。

入院日額はどのくらい必要か

医療保険の入院日額は、一般的に5,000円や10,000円の商品が多く販売されていますが、実は、各保険会社所定の範囲の中から1,000円単位で日額を設定することができます。

医療保険から受け取れる入院給付金は実際にかかった治療費とは関係なく受け取れるので、仮に10,000円の日額の医療保険に加入していれば、10,000円×入院日数の給付金を受け取ることができますが、ただなんとなく日額を決めて加入するのではなく、入院した場合どのくらい費用がかかるのかを把握した上でご自身が加入する入院日額を決めることが大切です。

生命保険文化センターの調査によると入院した場合の自己負担額は平均20,000円前後といわれていますが、だからといって、必ずしも医療保険の入院日額は2万円備えるべきというわけではないのです。

治療費は高額医療制度があるので自己負担額には上限がありますが、データでの自己負担費用額には高額医療制度の対象外の食事代・差額ベッド代・衣類、日用品などの身の回りの費用が含まれていますので、これらの費用のすべてを入院給付金でカバーしたいのかを検討する必要があるでしょう

入院中に手術をした場合には、入院日額×保険会社所定の倍率の手術給付金が受け取れるので、自己負担費用のカバーができますし、預貯金でまかなえる方は日額は低めに設定してもいいでしょう。

入院日額を高く設定すれば自己負担はカバーでき安心ですが、毎月の支払う保険料が高くなりますので、まずは日額5,000円~10,000円くらいを目安に設定し、保険料とのバランスをみて無理のない範囲で加入することが大切です。

医療保険の入院日数の限度とは

医療保険の設計プランには、『1日以上の入院から、1入院60日限度、通算限度1095日』などの説明が記載されています。

これらはどういうことかというと、一回の入院に対して入院給付金の対象となる日数や上限日数を定めたもので、病気やけがで入院した場合は入院給付金が受け取れなかったり、制限を超えた日数は入院給付金が支払われないということなのです。

しかも、退院から一定期間内(180日)に同じ病気で入院した場合「1回の入院」と見なす保険会社もありますし、違う病気でも退院から180日以内なら一回の入院と見なす保険会社もありますので注意が必要です。

通算限度とは、医療保険に加入している期間中の病気やケガで入院した通算日数に制限があるということです。

現在、各保険会社の医療保険には、1回の入院30日・60日・120日・360日・730日などの様々なタイプが販売されています。

限度日数が長いほうが安心ですが、この支払限度日数が長くなるほど保険料は高くなってしまうので、医療保険に加入する場合は限度日数も比較しながら検討することをおすすめします。

医療保険の加入の際の注意点

医療保険の入院給付金の支払いにはある一定の支払い限度日数が決まっているので、注意が必要です。

支払い限度額が短いと保険料は割安にできますので、安いからと安易に飛びつかず必ず支払い限度額を確認をするといいでしょう。

また、生命保険は年齢が上がるごとに保険料があがります。

医療保険も契約年齢が上がるほど保険料が上がっていくうえ、加入時には健康状態を告知して審査を受けます。

告知の内容が事実と違っていたり、告知すべきことをしなかった場合は告知義務違反となり、保険金や給付金が支払われないことがありますので、加入の際は告知に記載されている事項に対してありのままに告知しましょう

告知書に記入する際には、契約上の大切な義務であることを認識したうえでうっかり告知漏れをすることのないよう慎重に行なってください。

わからないことや疑問点があったら、自分で判断せずに、コールセンターなどで確認するといいでしょう。

医療保険のオプション(特約)

医療保険は基本的に入院・手術を保障する生命保険ですが、各保険会社で医療保険に付けることができる様々なオプション(特約)を販売しています。

オプション(特約)はあくまで医療保険に追加で付加して加入するものなので単品で加入することはできませんので注意しましょう。

※医療保険に付加できるオプション(特約)の例

通院特約

保険会社所定の日数入院し、退院した後の通院を保障します。

日額3,000円~5,000円程度が一般的で、1通院30日までなどの限度日数が定められています。

生活習慣病入院特約

保険会社が定める生活習慣病で入院した場合入院給付金上乗せされます。

疾患の範囲は保険会社によってかなり差がありますので十分確認しましょう。

がん入院特約

がんになった場合、入院給付金に上乗せされ、保険会社によっては手術給付金も上乗せされるところもあるようです。

がん診断特約

がんと診断された場合、50万円~100万円の一時金が受け取れます。

保険会社によっては年単位で複数回給付を受けれるものもあるようです。

上皮内癌は対象外となっている保険会社が多いようですので確認が必要です。

女性疾病特約

保険会社が定める女性特有の疾病で入院した場合、入院給付金に上乗せされます。

先進医療特約

厚生労働省が定める先進医療を受けた場合の治療費の全額または一部が一時金として受け取れます。

給付を受けれる先進医療を特定してある保険会社もあるようなので確認が必要です。

大まかなオプション(特約)はこのようになりますが、そのほかにも数年ごとに健康祝い金が受け取れる特約などもあるようです。

特約をつけると安心なのでついついあれもこれもと付加してしまいますが、保険料が高くなって結果的に解約してしまうことになっては意味がありませんので、本当に自分に必要な特約かどうかしっかり検討することが大切です

また、がん入院特約などの給付金額は自由に設定できる保険会社もありますし、保障内容の範囲が保険会社でかなり差がありますので複数の商品を比較することをおすすめします。

定期型と終身型の特徴とは

医療保険は一定期間を保障する定期型と一生涯を保障する終身型の2種類に分かれています。

定期型は当面の保障があればいいという方向け、終身型は一生涯の保障が欲しい方向けに販売されています。

どちらのタイプもメリット、デメリットがありますので、どちらのタイプが自分のニーズに合っているか知るために、まずはそれぞれの特徴を把握することが大切です。

定期型

<メリット>

  • 10年ごとなど期間満了ごとに更新がくるので、ライフプランに合わせてその都度見直しが可能
  • 契約期間が10年など短期間なので保険料が割安

<デメリット>

  • 更新できる年齢が60歳、70歳など制限がある
  • 更新のたびに保険料が上がっていく

終身型

<メリット>

  • 一度契約すると保障が一生涯続く
  • 加入時の年齢で保険料が一生涯固定なので若いうちに加入することで安い保険料で加入できる

<デメリット>

  • ライフプランの変化に対応した保障の見直しがしにくい
  • 終身払いであれば一生涯保険料の支払いが続く
  • 60歳払い込みを終えることもできるが保険料がかなり高くなる

最近はCMや広告でも終身型の医療保険が主流となっていますが保険料が割高であったり、気軽に見直しができないなどのデメリットも付いてきますので注意しましょう。

一方、定期型は割安な保険料で加入できるうえ、保険の見直しがしやすいですが、契約期間がかぎられていたり更新がくるごとに保険料が高くなっていくことを把握しておきましょう。

医療保険は若いうちだけでいいという人なら定期型がおすすめですし、一生涯の安心を得たいという人は終身型を選ぶといいでしょう。

いずれにしろ、単純に保険料が安い、高いなどで決めるのではなく、ご自身のライフサイクルや将来設計に応じて選択することをお勧めします

また、保険会社によって医療保険の内容や保険料も様々ですので、一つの保険会社だけをみて加入するのではなく数社の保険会社の商品を比較しましょう。

健康祝金やボーナスはお得なの?!

最近の医療保険には、健康祝金やボーナスが付いている商品も多数販売されています。

健康祝金特約という特約として医療保険に付加できたり、「ボーナス」や「生存給付金」などという名前で販売されている保険会社もあります。

どのような内容かというと、医療保険に加入後、ある一定期間ごとに数万円程度のお祝金がもらえる仕組みとなっています。

健康祝金がもらえる条件は保険会社によって違いはありますが、次のような条件を出してるところが多いでしょう。

  1. (1)健康祝金を受け取るとき生存していること
  2. (2)健康祝金を受け取るまでの期間、入院日数が所定の日数以下であること

健康祝金は、3年ごと、5年ごとなど、受け取れる期間は保険会社によって異なりますし、実際に受け取れる条件には保険会社ごとに大きな違いがありますのでしっかり確認しましょう。

さらに、健康祝金を受け取るためには保険料がかかっています。

医療保険部分は掛け捨てですが、健康祝金の部分の保険料が貯まっていくものなので、健康祝金をつけない場合と比べると保険料は高くなることを把握した上で検討しましょう。

生命保険コンシェルジュ

<<広告・PR欄>>

WAYS

WAYSの資料請求ページです。
http://www.af-direct.jp/ways/

ファインセーブ

ファインセーブの資料請求ページです。
http://www.hokensiryoseikyu.com/orix_seikyu/

長割り終身

長割り終身の資料請求ページです。
http://www.anshinlife-direct.jp/nagawari/

生命保険比較ランキング※最適な死亡保障の備え方

ページトップへ戻る

企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright (C) 生命保険比較ランキング※最適な死亡保障の備え方 All Rights Reserved.